こっそり・・その2

2019.04.20

前回は塩素の話でしたが、それにまつわる事を少々。 以前にも書きましたが、当館のかけ流しは2種類の異なる温度の源泉を 使用しています。 常時浴槽に注がれているのは約43℃(熱交換器にて減温した源泉)、設定温度を 下回ると52℃が入り調整する仕組みです。 でも自然にうまく混じり合う訳もなく、ヘアーキャッチャーで攪拌も しております。実はヘアーキャチャーには他にも重要な役割がございまして 1つは温度検知、もうひとつが塩素の注入です。 わざわざ引き込んだ先で行うのは、安全管理と正確性を保つためです。 浴槽の中に水流があることを疑問に思われている方もいらしゃっると 存じますが、設備としての機能はこれだけという事を御理解頂ければ と思います。 もっと書きたい事があるのですが、その機会はまたいずれという事で。。 by 川越鷲

ブログ